ワゴンR

●基本データ

  • 価格帯: 110.9万~161.3万円
  • 発売日: 2012年9月
  • マイナーチェンジ: -
  • エコカー減税: 100%
  • JC08モード燃費: 28.8km/L
  • 燃料: レギュラーガソリン
  • 乗車定員: 4名

 

ワゴンRはこんな人にオススメ!

低燃費故に、走行距離が多い人に適する!

言わずと知れた軽自動車の人気機種。背の高いボディによって社内は広く。前後のシート共に居住性は良好。リヤシートのバックレストを倒すと座面も連動して下がり、車内の後方を広い荷室にアレンジできる。

これらの昨日は歴代ワゴンRの特徴で、実用性を重視するユーザーから高く評価されてきた。ファミリーカーからビジネスのツールまで、幅広い用途に適することがワゴンRのメリットだ!

現行型では、アイドリングストップを全車に標準装備し、各種の低燃費技術も採用している。その結果、ノーマルエンジン仕様の燃費は28.8kmL。ミライースやアルトエコといった背の低い車種を除くと、最も優れた低燃費数値を達成している。走行距離の伸びるユーザーにも適する。

 

ワゴンRのおすすめグレード

標準ボディのFXリミテッドが買い得。FXにエアロパーツやアルミホイルなど20万円相当の装備を加え、価格上昇は約14万円に抑えているゾ。

 

ワゴンRの値引き目標と購入ガイド

●初回5万円 ⇒ 最終12万円
現行型の発売は2012年9月。まだまだ新しい車とあって今のところ値引きは少ない。2012年末のボーナスフェア空は拡大傾向に入っているゾ。

更に徹底的に値引をしたいなら、下取り車の査定額を大幅にアップさせるのが最も有効だ!
詳しくはコチラ

 

ワゴンRの良い点悪い点

●良い点
・リヤシートを含めて居住性が優れ、車内の後部は簡単に広い荷室に変更出来る。価格の割に高機能だ。インパネなどの内装は丁寧に造りこんであるゾ。
・助手席の下側にはバケツ状の大きな収納設備、助手席の前側にも上下2段に収納ボックスが備わる。小物の整理がしやすく、子育て世代にも適する。
・徹底的な軽量で力不足を感じにくく燃費も優れる。免税対象車になる。

●悪い点
・先行型は標準ボディのFXリミテッドにもボディの傾きを抑制するフロントスタビライザーを備えたが、現行型は非装着。走行安定性に少し不備がある。
・アイドリングストップはNレンジでもブレーキペダルから足を離すと再始動。作動はシンプルだが、信号待ちの時に左足を休ませることは出来ない。
・アイドリングストップの装着を差し引いても3万円ほど価格を高めた。

クルマニアの勝手に総合独自評価!

●燃費 8点
背の高い軽自動車としては最高峰の燃費性能を達成している。維持費が安く抑えられる。

●走行性 6点
ボディが軽く、さほど力不足は感じない。操舵感は素直だがボディの傾きが大きめ。

●居住性 8点
リヤシートの頭上や足元の空間が広く、大人4名が快適に乗車できる居住性が備わる。

●質感 7点
内装の造りこみは丁寧。先行型で悪化した側方視界が2世代前の水準に戻った。

●価格 9点
FXリミテッドは優れた居住性、多彩な装備、さらに低燃費を考えると買い得だ!

●50点満点中36点!
従来からの特徴だった優れた居住性と日常的な使い勝手を生かしながら、燃費性能を徹底的に向上、更に買い得な軽自動車に発展している!まだまだ人気は続くだろう!!