note

・ニッサンノート:124.95万円~167.4万円
・発売:2012年8月

ニッサン ノートはこんな人にオススメだ!

日産の実用志向のコンパクトカー。
ディーダが生産を終了したこともあり、従来以上に重要な役割を担っている。日産のコンパクトカーでは、低価格がマーチ、ファミリー志向がキューブ、幅広い用途に使えるのがノートだ。フィットに近い性能のクルマとなる。

全高を立体駐車場が使える1525 ㎜に抑えながら、2600mmのホイールベースによって空間効果を高めた。リアシートの足元空間も広く、大人4人が快適に乗車出来るだけの居住性を備える。

全長は4100mmで取り回し性も優れ、日常的な買い物からファミリードライブまで使いやすそうだ。

スーパーチャージャーを装備したX・DIG・SののJC08モード燃費は24km/L。燃費性能が優れ、走行距離が伸びるユーザーにも適しているゾ。

 

ノートの値引き予想額と値引き目標額

●初回4万円⇒目標10万円(15万円いけば御の字!)

コンパクトカーの新型車だけあって値引きは少なめと言えそうだ。
それでも大量に販売する必要が日産としてはあり、拡販フェアでは15万円以上に
拡大するはずだ。つまり、フェアをやっている時が狙い目だろう。

 

ノートの値引きはこう攻めろ!

●1回目: 見積をもらう
設計の新しいコンパクトカーとあって、最初の商談で提示される値引き額は
かなり少ないだろう。しかし、その後の商談で多少の拡大は見込めるはずだ。

●2~3回目交渉
ライバル車となるのはフィット、フィットシャトル、ヴィッツ、デミオなどの
同等価格帯に位置するグレードに値引き競争をさせると良い。

●最終交渉
同じ日産のディーラーでもブルー/レッドステージ店はそれぞれ別外車になるので
競合と捉えて構わない。
両ディーラー間でノートの同士討ちで値引き競争を行い、条件を煮詰めよう!

 

ノートの良い点と悪い点はココだ!

●良い点

  • 内装は機能的にデザインされていて使い勝手が良い
  • コンパクトカーでは重心が低めで走行安定性も優れている
  • 購入時に支払う税金が免除(100%)になる
  • 購入後の翌年度に支払う自動車税と、初回車検時の重量税も50%OFF

※ちなみにエコカー減税率100%で10.11万円もオトクだ!

●悪い点

  • ディーダと比べると、内装、特にインパネまわりの質感が見劣りする
  • 基本的には運転しやすいが、斜め後方の視界がやや悪いので注意が必要
  • スーパーチャージャーの装備で20万乗せは割高すぎ

※スーパーチャージャーはいっても10万円だろう。カルロス、ちょっとやり過ぎだ!

 

クルマニアの総合評価!

●燃費 8点
ハイブリッド車ではないが、燃費はかなり優秀な部類。
購入後の維持費を安く出来る点は好感だ。

●走行性 7点
動力性能は1400CCクラスで不満はない。
走行安定性はバランスよく仕上げているといって良いだろう。

●居住性 8 点
フロントシートは快適。
このクラスにしては、リアシートの頭上や足元の空間を十分に確保している。

●質感 5点
内装を求めるのはこの価格帯では難しいか。
斜め後方の視界もややマイナス。

●価格 6点
機能に見合う価格と言えるが、スーパーチャージャー20万円は本当にイタダケない。

●50点満点中34点!
居住性、使い勝手は優れていると言っていい。
とにかくスーパーチャージャーだけが残念なクルマだ、本当に。。

 

ニートは大幅値引きを狙うより、愛車の下取りでガッツリ安く買おう!

kurumaniaノートの値引き幅も落ち着いてきたとはいえ、それほど大きな金額は見込めない。
購入時にはやはり下取り車の活用は必須と言える。

下取り車の有効活用はほとんどディーラー任せで軽視されている感があるが、
それだけで10万円以上変わってくる可能性すらあるのできっちり査定見積をとっておこう!

 査定見積もりをとり10万円以上安くGETしたいならこちらだ!